レンタルサーバー
オレゴンでエイリアン 血液型不適合妊娠 & 重度脳障害の子供達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液型不適合妊娠 & 重度脳障害の子供達

昨日のクリスマスギャザリングに行って、ふと思ったことがある。

うちのダディのお母さんは、Rh-の血液型だった。お父さんはプラスだと思うので、ダディもプラス。だから、ダディのお母さんにとっては血液型不適合妊娠だったのだ。それでも1人目はまだ大丈夫。2人目はかなりやばそうなので、妹がいることは、当時多分「ローガム」が普及していなかったことを考えると、奇跡に近かったらしい。

実際、子供は埋めないと医者に言われていたそうな。

ダディのお母さんの兄弟姉妹の中には、あと1人マイナスの血液型を持つ人がいた。でも、男性なので、奥さんの妊娠には影響なし。

もうひとりは、お母さんのすぐしたの弟の一番目の娘。彼女がマイナスらしい。彼女は最初から妊娠に注意しないといけないのだろう。

なんか調べてみると、マイナスを決める要素は一つなのだが、赤血球には5つの抗原があって、プラスの血液型でも、他の抗原の要素でマイナスとなるケースもあるらしい。日本人ではどのくらいの割合で発現するのかとか詳しい情報は分かりませんが。

あ~、中学の時の生物の時間にやった遺伝の法則を思い出した。あれって結構好きだったな。ショウジョウバエの目の色の遺伝のパターンとかあったでしょ。今でも好きだな、やっぱり。

それでうちの子は?なんて考えたら、生まれた時は激疲れで、血液型どころではなかった。私がAでダディがOなので、子供はAかO。それはいいけど、旦那はプラスなのか?マイナスだとしても、私の妊娠自体には影響はない。でも、子供達が妊娠するまでに知っておかないとだめだな・・・・。


話は全然違うけど、以前カレッジで勉強していたときがあった。取っていたクラスの一つの授業で、先生が「今度は、チルドレンズホスピタルに見学に行きます。」とおっしゃった。そして当日。なんと私達生徒がみたものは、ただ単にベッドに横たわる子供達。彼らは超重度の脳障害を持って生まれてきた子供達。本当は、もしかしたら死産になってたかもしれないくらい。でも、生まれてきてしまった。一昔前の医療の技術だったら、生まれても数時間から数日で死んでいたかもしれない。そんな子供達。でも、発達した医療のおかげ(?)で、生き延びている。

ただ、重度の脳障害の為、自分で動くことは出来ない。床ずれをしないように、看護婦さんや、ボランティアの方々が時々位置を変えてあげる。

勿論話すことも出来ない。家族と一緒に暮らしている訳でもない。医療の技術の進歩のおかげで、ただ生きている子供達。それでも、18,9歳くらい迄には皆死んでしまうそうです。

いくら医療の技術が進歩したからと言って、このような人間達をただ生かしてあげておくのがいいことか?あなならどう思うか?というのが、この病院訪問のテーマだったような記憶があります。

その是非はともかく、その訪問は私にとって、言葉に表すのが困難なほどショックでした。とっても悲しく、泣くことを我慢することで精一杯でした。

健康な娘を2人も授かったことに感謝してます。

スポンサーサイト

【theme : 海外で育児
【genre : 育児

⇒comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 血液型不適合妊娠、聞いたことがあります。昔職場で
働いていた方の母親がそうだったそうです。ただ、彼の母親は
血液型不適合妊娠の知らなかったそうで、彼の妹が生まれた
後に医者から「よく無事に二人目の子供をに生んだね。」と
言われて驚いたそうです。(爆)

 脳に重い障害を抱えた子供たちの話、難しい問題ですね。
植物人間状態でも、医療機器によって呼吸や心臓の動きなどの
生命活動を維持されていて、自分では動けないし話すことも出来ない。
そんな状態でも、生きていてほしい人もいると思う。

 でも、私が自力で呼吸や心拍などが自力で出来ず、その状態から
改善の見込みが無いのなら、むやみな延命はしてほしくないです。
家族はどう思うか分かりませんけど。

 ただ、自分がそう考えているから言って脳に重い障害を
抱えている人たちもそう思っているだろう考えるのは誤りでしょう。
本人への意思確認が困難ですから、どうする事も出来ませんが・・・。

No title

こんばんわ
初めてコメントします。
我が家も主人がRh-です。私は+なので問題のない?(妊娠糖尿病でしたが。。)妊娠でした。いまだに息子の血液型はしりません。(←教えてくれないのですよ。医者はなにかあったら必ずそのつど検査するから、心配しなくていいのよと言われています)
こういわれてみると、血液って奥が深いですね。うーん。

No title

まーや@伊予の国さん
知らない方がかえっていいのかも知れませんね!
医療の問題は、本当に難しいです。自分以外のことは決めれないし。
私と旦那は、植物状態になったら、生きていたくない派です。

Spiceさん
初のコメントありがとう!

Rh-で問題になるときは、母体がマイナスで、胎児が+の時だけです。だから息子さんは、妊娠の心配がないので、その件に関してだけは、大丈夫です。

医者が教えてくれないっていやですね。そういう言い方されるとむっときますね。他の医者にもかかってみるのもいいかもです。私は1人の医者を100%信用しないようにしています。

また遊びに来てください!
プロフィール -Profile-

ponta

Author:ponta


ようこそ!

2008年8月末、突然の思いつきで始めました。Bloggerで「オレゴン生活徒然日記」として投稿をしてきましたが、11月10日にタイトルも新たに、こちらに引越ししました。

97年7月よりアメリカ・オレゴン州に在住してます。
国際結婚し、アメリカ人夫・長女(11歳)・次女(5歳)の家族4人。貧乏暮らしなので華やかなことは滅多に起きません!日常の何気ないこと、子育ての事、気になる出来事等、なんでも思いついたことを書いて行こうと思います。
(2人の娘中心ですが。。。)

タイトルは、もともとは英語を勉強しにアメリカ・オレゴンにやってきたけど、何年たってもそれほど上達しない英語、なんだかアメリカの文化にいまいち溶け込めない自分、それにアメリカでのステータスが「Legal Alien」(グリーンカード保持者)というのをかけてます。 アメリカで、自分が外人だな~と感じて生活してま~す!いつ慣れるんでしょうか?(爆)そんな観点からも、時々記事を書いてみたいと思います。

よかったらコメントなぞいただけると本人喜びます。(単なる自己満足!爆)

最新記事 -Latest Entry-
家族紹介 -Family-
Daddy BuBu :
アメリカ人。コンピューター関係の仕事をしています。結構週末に仕事だったりする。。。。元は、ハワイでサーファー。回転すし屋の板さんだったことも。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ -Archives-
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Blog Ranking
参加しました!

人気ブログランキング
Blog Ranking



ブログ村ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

グーバーウォーク
古いブログ -Old Blog-
今まで使っていたブログです。
過去ログを見たい方は、
下記からどうぞ。

オレゴン生活徒然日記

Go to my old blog
リンク -Links-
オレゴン時刻 -Oregon Time-
日本時刻 -Japan Time-
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Blog内検索
Google 検索
カスタム検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

素材屋さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。